ZEIN AI Package “dArwIn”

ZEIN AI Package dArwIn ヒトとシステムをチャットでつなぐ新しい働き方の実現

※ZEIN「AI Package dArwIn」は商標登録出願申請中です。

  dArwInは業務に取り掛かる際に必ず生じるコミュニケーションの部分に着目し、チャットなどをはじめとするコミュニケーションツールと、業務システムを連携することで、単独で利用されていたシステムやOffice製品を会話で連携することが可能な、AIによる会話型のシステムハブになります。

  これまでヒトにお願いしてきた日々の会話と同じように、「A商品っていくらだっけ?」「A商品の在庫はあるの?」「いつまでに納品できそう?」「見積もり申請をやっといて」「申請ってどこまで承認されている?」「パスワード忘れた、再発行してくれない?」と、
コミュニケーションツールで会話をすることで、連携されたシステム(基幹システムや、外部のクラウドシステム、Excelなど)の処理をすることが可能です。新たなビジネスラインを創出することで、誰もが、どこでも、簡単に使え、乱立したシステムやファイルの操作で混乱することなく、シンプルな業務を実現します。

デモ動画は2分15秒から始まりますので、デモをすぐにご覧いただきたい方はスライダーを2:15に合わせてください。

トップページへ

  昨今の急速な経済変化や労働環境問題への取り組みとして、企業は「リモートデスクトップ」や、外出先利用を想定した「スマートフォンアプリ」などのテクノロジー導入、「RPAやAI」でのデジルタル化を進めております。結果として利用チャネルが増えることでの利便性は向上したものの、システムが乱立することで、全体の効率化を図ることができないという問題に直面しております。企業はさらなる「働き方改革の推進」を行うためのNext Stepとして、乱立するシステムを連携させ、および誰もが、何処でも、何時でも、簡単に操作ができる仕組みの導入することで、全体最適化によるシステム活用を実現し、業務全体の効率化を目指し始めております。

働き方改革推進に向けた次のニーズ

トップページへ

Mission & Concept

  dArwInはお客様が抱える働き方の課題解決や改革を促進させるために、システム全体の最適化・業務効率化範囲を拡大することで企業成長を担う「事業競争力」を強化し、「何処でも・何時でも・誰でも」使える「柔軟な働き方」を実現し、テクノロジーが「日常に浸透しやすい」仕組みの提供をミッションに掲げdArwInを開発しました。コンセプトは、「Work Shorter × Anywhere × Simply」になります。

AIパッケージ「dArwIn」のコンセプト

One Stop Digital Transformation

  現在、様々なテクノロジーにより、働き方改革が進められております。具体的にはテレワークや、コミュニケーションツール、社外でも利用可能なクラウドシステムなどです。確かに利便性は向上しておりますが、各システムは単独で稼働しており、連携されているものではありません。そのため、ユーザーは業務ごとに利用するシステムを選択し、ログインし、処理を行う必要があり、どうしても複雑な利用方法を強いられてしまうのが現状です。
  dArwInは非常にシンプルな業務にすることが可能です。お使いのコミュニケーションツールと、利用している業務システムや、Office製品を連携するシステムハブとなっているため、システムを利用するための入り口はコミュニケーションツール(AIによる会話)に統合され、複数のシステムをまたがるような複雑な業務処理がシンプルになります。結果、複数に絡み合った各システムがHUBにより連携されることで、システム全体の効率化を図ることが可能になります。
  

AIパッケージ「dArwIn」の概要図 AIパッケージ「dArwIn」の概要図

トップページへ

商品/在庫照会

  顧客から急遽商品の詳細情報や在庫情報の確認依頼があった場合、帰社後に確認・回答していると思いますが、「dArwIn」と会話することで、素早く確認、回答が可能となります。「作業効率化」によるコア業務への集中が出来るとともに、帰社をなくすことで「営業リードタイムの短縮」するだけでなく、その場で顧客へ回答することで「顧客満足度向上」にもつながります。
  従来の方法で対応しようとした場合、商品管理システムや在庫管理システムのスマートフォンに対応した社外利用環境の整備や、新規システム開発が必要でしたが、「dArwIn」であれば、既存システムの改修や大規模なシステム開発をすることなく、クイックに安価で実現することが可能です。

AIパッケージ「dArwIn」のユースケース①

見積書稟議申請

  急な正式見積りの提示を求められた場合、帰社後にシステムへ見積書のワークフローでの承認依頼を行っていると思いますが、「dArwIn」と会話することで、その場で簡単に見積書の稟議申請が可能となります。また、申請後も社内システムへ都度アクセス・確認することなく、dArwInと会話することで承認状況の確認が可能です。「作業効率化」によるコア業務への集中が出来るとともに、迅速な意思決定による「営業リードタイムの短縮」だけでなく、顧客の納品希望日をかなえることで「機会ロス防止」も図ることが可能です。
  従来では例え社外利用可能な仕組みをもっていても、基幹システムや営業支援システム、社内ファイルサーバを担当者が幾度アクセスする必要がありましたが、「dArwIn」であれば、既存システムを横断することができるためクイックに安価で導入することが可能です。

AIパッケージ「dArwIn」のユースケース②

勤怠登録

  外出先、出張が多い営業マンの場合、勤怠管理や休暇申請は、帰社時にまとめて実施しているかと思いますが、「dArwIn」と会話することで、その場で簡単に出勤・退勤・休暇申請が可能になります。上司が営業マンの勤怠を「正確に把握」することが出来るだけではなく、帰社をなくすことで「従業員の満足度」向上も図れます。
  従来の方法で対応しようとした場合、勤怠管理システムのスマートフォンに対応した社外利用環境の整備や、またはクラウド勤怠管理システムの導入の検討が必要でしたが、「dArwIn」であれば、既存システムの改修や、新規導入の検討をすることなく、クイックに安価で実現することが可能です。

AIパッケージ「dArwIn」のユースケース③

問い合わせ業務(営業/カスタマーセンター/ECサイト)

  顧客からの問い合わせ対応を、営業・カスタマーセンター(以降CS)・ECサイト等の複数の窓口で対応している場合、それぞれの担当者が専用の業務システムで個別に確認し回答しているかと思います。
  確認業務を「dArwIn」に統一することでCS等の専用の仕組みが不要になり、どの窓口でも統一的操作・対応を行うことができるようになります。且つ問合せが履歴に残ることで情報共有も可能となります。またECサイトでは「dArwIn」を組み込むことで顧客と直接会話可能なAIチャットとなり、配送状況などよくあるお問い合わせの対応をすることも可能です。AIチャットボットで対応ができない場合、コールセンターへ経由させることで問合せ人員の削減効果にもつながります。問い合わせ業務の効率化や人員削減による再配置によるコア業務への集中だけではなく、個人のスキルに依存しない、統一された高い品質でクイックな問い合わせ対応を実現することで「お客様満足度向上」を図ることが可能です。

AIパッケージ「dArwIn」のユースケース④

Case1:商品/在庫照会

  顧客から急遽商品の詳細情報や在庫情報の確認依頼があった場合、帰社後に確認・回答していると思いますが、「dArwIn」と会話することで、素早く確認、回答が可能となります。「作業効率化」によるコア業務への集中が出来るとともに、帰社をなくすことで「営業リードタイムの短縮」するだけでなく、その場で顧客へ回答することで「顧客満足度向上」にもつながります。

AIパッケージ「dArwIn」のユースケース①

Case2:稟議申請

  急な正式見積りの提示を求められた場合、帰社後にシステムへ見積書のワークフローでの承認依頼を行っていると思いますが、「dArwIn」と会話することで、その場で簡単に見積書の稟議申請が可能となります。また、申請後も社内システムへ都度アクセス・確認することなく、dArwInと会話することで承認状況の確認が可能です。「作業効率化」によるコア業務への集中が出来るとともに、迅速な意思決定による「営業リードタイムの短縮」だけでなく、顧客の納品希望日をかなえることで「機会ロス防止」も図ることが可能です。

AIパッケージ「dArwIn」のユースケース②

Case3:勤怠登録

  外出先、出張が多い営業マンの場合、勤怠管理や休暇申請は、帰社時にまとめて実施しているかと思いますが、「dArwIn」と会話することで、その場で簡単に出勤・退勤・休暇申請が可能となります。上司が営業マンの勤怠を「正確に把握」することが出来るだけではなく、帰社をなくすことで「従業員の満足度」向上も図れます。

AIパッケージ「dArwIn」のユースケース③

Case4:問い合わせ業務(営業/カスタマーセンター/ECサイト)

  顧客からの問い合わせ対応を、営業・カスタマーセンター(以降CS)・ECサイト等の複数の窓口で対応している場合、それぞれの担当者が専用の業務システムで個別に確認し回答しているかと思います。
  確認業務を「dArwIn」に統一することでCS等の専用の仕組みが不要になり、どの窓口でも統一的操作・対応を行うことができるようになります。且つ問合せが履歴に残ることで情報共有も可能となります。またECサイトでは「dArwIn」を組み込むことで顧客と直接会話可能なAIチャットとなり、配送状況などよくあるお問い合わせの対応をすることも可能です。

AIパッケージ「dArwIn」のユースケース④

トップページへ

  お客様のご要望に応じて3つの導入プランからお選びいただけます。

AIパッケージ「dArwIn」の導入プラン

トップページへ

  dArwInには以下のプロセス機能は標準で準備されております。お客様のビジネスに合わせてカスタマイズさせていただきます。

AIパッケージ「dArwIn」の標準プロセス機能

トップページへ

  業務プロセス分析から運用定着化までワンストップで実行します。導入を3フェーズに分け、フェーズ毎に評価・検討を行うことで「dArwIn」の導入効果を最大化します。

AIパッケージ「dArwIn」の導入アプローチ

トップページへ

  「dArwIn」は、お客様の様々な業務シーンに対し「新しい働き方」を提案します。
ご質問、資料請求は下記よりお気軽にお問い合わせください。

また、多くのお客様からのご要望を承り、dArwInセミナーを開催しております。
セミナーでは、RPA.AIの課題、dArwIn機能の紹介、デモ操作を体験いただけます。
会話で作業を自動化する効果を感じ、是非導入検討にお役立てください。



お問い合わせはこちら

セミナーへのお申し込み

トップページへ